シンプルライフの魔人

汚部屋住人である青年とシンプルライフを説く魔人との対話。

使う見込みのない物の処遇

更新日:

魔人
前回の話は、ムダな買い物をしないためにはどうすればいいか、ということがテーマだった。
魔人
そもそもこの話のきっかけは、お前の部屋からマッキー極細が10本も出てきた、ということだったわけだが。
お前がなぜ10本も買ってしまっていたのか、その理由について踏み込んで考えてみたよな。
カイワレ
でしたね。
魔人
で、それはそれとして、このマッキー極細については、もう一つ考えるべきことがある。
魔人
お前はこの10本をどうするつもりなんだ?
こんなにたくさんは使い切れないだろ?
カイワレ
そうなんですよね・・。
カイワレ
とりあえず、まだインクが残っているかどうかチェックしてみて、書けなくなった物は捨てようと思っていますが・・。
カイワレ
書けるかどうか、ちょっとためしてみますね。

 

 

カイワレ
確かめてみたら、10本中、3本はインクがなくて書けなかったから、この3本は捨てることにします。
魔人
ふむ。では残りの7本はどうする?
カイワレ
7本もあっても仕方ないんですよね・・。
どうしたものかと。
たぶん、3本もあれば十分じゃないかと思うんですが・・。
魔人
つまり、10本のうち、
・使う物は3本
・まだ使えるけど使う見込みのない物が4本
・使えないから捨てる物が3本
ってことだな。
カイワレ
そうなりますね。
カイワレ
4本はいったいどうしたらいいのか。
まだ使えるから捨てるのはもったいないし。
魔人
今、お前が悩んでいることは、実は重要なテーマだ。
魔人
この話をまとめてみると・・、
マッキー極細が
・使う物
・使えるけど使う見込みのない物
・使えない物
の3つに分けることができ、
 
『使う物』は使えばいいし、
『使えない物』は捨てるしかないが、
『使えるけど使う見込みのない物』についてはどうするのが正解かわからない。
 
ということだろう。
魔人
これは、マッキー極細に限った話ではない。
魔人
なぜなら、『使えるけど使う見込みのない物』というのは、お前の部屋の中にはたくさんあるはずだからだ。
魔人
マッキー極細であれば、かさばる物ではないからいいが、
『使えるけど使う見込みのない物』は、トータルで見ると、部屋の中にかなりの量があるはずだ。
魔人
つまり、こういう物に部屋の中のかなりの領域を占拠されているということだ。
だから、『使えるけど使う見込みのない物』をどうすべきか、というのは非常に重要なテーマになる。

 

部屋の物を3パターンに分類してみる

カイワレ
それって部屋の中にそんなにたくさんあるものなんでしょうか・・?
魔人
あるだろうな。
魔人
どれくらいあるのか、実際に確認してみるといいだろう。
魔人
部屋の中の物を、
A:日々、使っている物
B:使えるけど使う見込みのない物、長期間まったく使っていない物
C:使えない物、明らかに不要な物
 
このA、B、Cに分類した場合、それぞれがどのくらいあって、その割合がどの程度なのか。
ざっと部屋を見回したり、収納をのぞいてみて、確認してみると面白いぞ。
魔人
使う見込みのない物にどれだけ部屋が占拠されているのかが実感できるだろう。
魔人
特に、『数年間使われずに同じ場所にずっと鎮座している物』は要チェックだ。
こういう物は、例えば1年後でも、同じようにそのままそこにある可能性が高い。

 

部屋に物が多すぎる理由

カイワレ
今、ざっと部屋の中を見まわってみたんですけど・・。
収納の中身がBとCばっかりで愕然としました・・。
カイワレ
でも考えてみたら、ほとんど物を出し入れしていない『開かずの間』のようになっている収納の中身は、
そりゃ当然、BとCばっかりですよね・・。
魔人
まあ、そうだな。
魔人
物が多すぎて片づけられない、と嘆く人間は多い。
では、なぜ物が多すぎるのか。
魔人
いろいろな理由はあるだろうが、・・例えば趣味のグッズが大量にあるとかな。
しかしほとんどのケースでは、その理由は単純で、Bの物が大量にあるからだ。
魔人
要するに、使う見込みはないが、まだ使えるから捨てられない、というような物であふれているということだな。
魔人
しかし逆に言えば、Bの物をどうにかできれば、だいぶ物を減らすことができる、ということでもある。

 

使う見込みのない物の行く末

魔人
Bの物、つまり、『使えるけど使う見込みのない物』は、将来的にどういった行く末をたどるのだろうか。
魔人
例として、服について考えてみるとわかりやすい。
魔人
タンスの中には、『もう何年も着ていない服』ってあるだろ?
長いこと着ていないが、それでも取っておいてある。
その理由は様々だろうが、例えばこんな感じだろう。
・まだ1回も着ていないから。
・痩せたら着ようと思っているから。
・いつか着るかもしれないから。
・好きな色だから。
魔人
こういう服は、今後着ることがあるかというと、実際のところ、まず無いよな?
カイワレ
いや・・、いつか着るかも・・。
魔人
それなら聞くが、
もしオレが、「そういう服を、明日、実際に着て出かけてみろ」と言ったら、実際に着るかどうか、考えてみるといい。
本当に着るか?
カイワレ
・・・・着ない、気がする。
魔人
・・ってことはさあ、そういう服って、おそらく、今後もずっと着ないんじゃないのか?
実際にタンスの中に入っている服を見て考えてみるといい。まず着ないと思うぜ?
カイワレ
うーん。そうかもしれない・・。
魔人
そして、年月がたつと、どこかのタイミングで、
・さすがにもう古くなったから
・色が黄ばんできてしまったから
のような理由で、結局捨てることになるのではないか?
魔人
これは服に限ったことではない。
「いつか使うかも」と思っている物が実際に使われることは、ほとんどない。
魔人
その後、そのままずーっと同じ場所に保管されているか、または、引っ越しなどのタイミングで捨てることになるか、そんなところだろうな。
魔人
悲しいことに、こういう物を持っていても、有効活用されることはほとんどなく、
持っていることで得られるメリットは、ゼロとまでは言えないが、実際には非常に少ない。
魔人
ざっくりとした言い方をしてしまえば、結局場所をとっているだけになってしまっているんだ。

 

物を取っておく理由を見つめる

魔人
使う見込みのない物というのは、基本的に、処分したとしてもほとんど生活には影響がないはずだ。
もともと使っていない物なのだし、使う予定もないわけだからな。
魔人
ではなぜそれを捨てないで取っておくのか?と聞かれたら、
理由がいろいろと頭に浮かんでくるだろう。
例えば、
・もったいない
・いつか使うかもしれない
・知り合いにもらった物だから
・見た目が気に入っているから
・買ったときに高かったから
・思い出があるから
・捨て方が面倒くさい物だから
・持っているとなんとなく安心だから
魔人
しかしその理由というのは、本当に重要なことなのだろうか
よくよく考えてみれば、その理由に固執する必要はないのではないか。
魔人
使う見込みのない物は、お前が『手放す』という選択をしさえすれば、手放すことができる。
魔人
なぜそれを今まで取っておいたのか、その理由を見つめることだ。
その理由を手放せるのであれば、物を手放すこともできるだろう。

 


 

魔人の教え まとめ

  • 『使えるけど使う見込みのない物』は部屋の中にかなりの量があるはずであり、これをどうすべきか、は重要なテーマになる。
  • 部屋の物が多すぎる理由は、ほとんどのケースでは、『使えるけど使う見込みのない物』が大量にあるから。
  • 「いつか使うかも」と思っている物が実際に使われることはほとんどなく、持っていることで得られるメリットは非常に少ない。
  • 物を取っておく理由が本当に重要なことなのかどうか、あらためて見つめ、その理由を手放せるのであれば、物を手放すこともできる。

 


 

『ブログランキングバナーをクリック』、『SNSでシェア』して魔人の教えを広めよう。

-片付け

Copyright© シンプルライフの魔人 , 2022 AllRights Reserved.