シンプルライフの魔人

汚部屋住人である青年とシンプルライフを説く魔人との対話。

心と部屋との関係

更新日:

だらしない人間は片付け上手にはなれない??

カイワレ
がはあぁーっ。
魔人
・・どうした?
カイワレ
この汚部屋を片付けるってことを考えただけでなんだか気が滅入っちゃって・・。
カイワレ
以前にがんばって掃除したことは何度かあったけど、あっという間に汚部屋に戻っちゃうし。
やっぱりボクみたいな人間は一生キレイな部屋に住めないんじゃないかと・・。
魔人
・・・。
魔人
ひとつおもしろい事実を教えてやろう。
片付け上手な人っていうのはな、子供のころから片付けがうまかったかというと、実はそうでもない。
そういうケースももちろんあるが、むしろ、かつては片付けが大の苦手で汚部屋の住人だった、という場合が少なくないんだ。
魔人
物を大事にしてなかなか捨てられない、という人間は多い。そしてそういうタイプの人間は、物をため込む傾向にあるから汚部屋になりがちなんだが、いつしかそういう生活にうんざりして、部屋を整理し始める。
魔人
そうしていく過程のなかで、本当の意味で物を大事にする、とはどういうことなのか気づくんだよ。そうするとむやみに物を増やさなくなる。むしろ、所有する物をできるだけ少なくして生活するようになるんだ。
魔人
つまりな、お前のようなだらしない人間であっても、数年後にはガラッと変わって片付け上手になっている、そういう可能性は十分あるってことだ。
カイワレ
本当にボクが片付け上手になれる日が来るんでしょうか??まったく信じられませんよ?
魔人
さあな・・。
カイワレ
いや、「さあな」って・・、この話の流れなら、「お前にもなれる」って言ってくださいよ。
魔人
全てはお前次第だ。断言できるわけないだろうが。

 

部屋と向き合うことは自分自身と向き合うこと

魔人
部屋は、その住人の心理状態を反映していることが多い。
といっても、単純に、「部屋が汚ければ心も汚い」とかそういうことじゃないんだけどな。
一言で表現するのは難しいが・・、例えば、心が乱れていたり、余裕が無かったりすると、部屋も乱れがちになる、といえばなんとなくわかるだろ?
カイワレ
ええ。そういうときって何もする気が起きなくて、一気に部屋が荒れますよね。
魔人
ここではわかりやすく、部屋と心はつながっている、とでも考えればいいだろう。
だからな。自分の部屋と向き合うことは、自分の心と向き合うことでもある。
部屋を整理・清掃するってことは、心の整理・清掃をするってことでもあるんだ。
いくらだらしないお前だって、大掃除したあとに心がスッキリしたという経験はあるだろ?
カイワレ
ありますね・・。もはや遠い過去の記憶ですが。
魔人
それとな、
部屋の中で最も汚い場所とか、長いこと開かずの間だった押入れの奥とか、いわゆる、『直視することを避けている場所』ってあるだろ?
カイワレ
台所のシンクの排水溝とか?
魔人
ああ。そういう、一番触れたくない場所と正面から向き合って掃除し、そこをキレイにできたとき、それはお前の心理面にも必ず影響する。
魔人
目を背けていた事柄を自らの手で解消し、もはや脅威ではなくなる。
大げさに聞こえるかもしれんが、これはそういう体験だ。
こういう体験を繰り返していると、自分が脅威だと思っていたことの多くは、実は大した脅威ではなかったことに気づくだろう。
魔人
片付けを続けて、汚部屋に逆戻りしないレベルにまでもっていけたらどうなるか。
そのとき、お前の考え方や物の見かたは、変わる。確実に変わるぜ?
カイワレ
変わるって、どう変わるんですか?
魔人
まあそれは、自分で身をもって確かめるんだな。
人の考え方や価値観というのは、変えたいと思ってもそう簡単に変えられるものじゃないが、しかし部屋はどうだ?片付けるにはちょっと気合いが必要だが、その気になればできることだろ?
このちょっとの気合いで、部屋が片付くとともに、結果的に気持ちや考え方まで変わってくる。
魔人
お前が自分の生き方をより良くしたいと思っているのなら、実は部屋を片付けることは確実で効果的な方法なんだぜ?

 


 

魔人の教え まとめ

  • 片付け上手な人間が、かつては片付けが苦手だった、というケースは多い。
    片付けが苦手だとしても、得意になる可能性は十分にある。
  • 部屋の状態と心の状態はつながっている。
    部屋を整理することは心を整理することでもある。
  • 直視することを避けている場所をキレイにできたとき、心理面に影響する。
  • 部屋を片付けることは自分の生き方をより良く変えるための効果的な方法である。

 

 


 

『ブログランキングバナーをクリック』、『SNSでシェア』して魔人の教えを広めよう。

-片付け

Copyright© シンプルライフの魔人 , 2023 AllRights Reserved.