シンプルライフの魔人

汚部屋住人である青年とシンプルライフを説く魔人との対話。

3つのサイクル

更新日:

代表的な3つのサイクル

魔人
部屋には『物の流れやサイクル』があることを説明したが、ここで、部屋が持つ代表的な3つのサイクルを考えていきたい。
魔人
部屋がどんなサイクルを持っているのか。
これは部屋の住人のライフスタイルによって変わってくるから、一概には言えず、部屋ごとに異なる。
しかし、これから話す3つのサイクルについては、誰の部屋でもだいたい共通して持っているものだ。
魔人
1つ目は、さっき説明した『洗濯物のサイクル』だ。
カイワレ
ええと・・、『洗濯機』と、『干す場所』と、『タンス』あたりをポイントとして洗濯物が循環する流れでしたね。
魔人
そうだ。
 
2つ目は、『食器のサイクル』だ。
洗濯物と同じように、食器の場合でも同じようなサイクルがある。
 
・食器を棚から取り出して使う。
・使い終ったらシンクに入れて洗う。
・洗ったら水切りカゴで乾燥させる。
・乾燥したら棚にしまう。
こういう流れのサイクルだ。
カイワレ
食器のサイクルの場合は、『食器棚』と、『食事をするテーブル』と、『シンク』あたりを結ぶ動き方で食器が循環しそうですね。
魔人
そうだな。そういうラインで食器がグルグルと巡っていく。
 
そして3つ目は、『物の流入、流出のサイクル』だ。
これは、物が部屋に入ってきてから出るまでの流れだ。
大雑把な言い方をすると、物を買ってから捨てるまでの流れ、ということだ。
魔人
例えば、歯磨き粉を買ってから捨てるまでの流れを考えると、
・買ってきて部屋に持ち込まれる。
・洗面所に置いて使う。
・使い切ったら容器をゴミ箱に捨てる。
・ゴミ箱からゴミ袋に入れる。
・ゴミの日にゴミ袋を捨てる。
 
こういう、物が部屋に入ってきてから出ていくまでの物の流れが考えられる。
魔人
ちなみに、細かいことを言うと、この『物の流入、流出のサイクル』は、『サイクル』と呼んではいるが、上流から下流への流れであってグルグル循環しているわけではないから、厳密にはサイクルでは無いがな。

 

物の流れは人体の仕組みに似ている

魔人
部屋の中の物の流れは、実は人体の仕組みによく似ている
魔人
今話した3つのサイクルは、人体に例えるとわかりやすい。
部屋を人の体として考えると、それぞれのサイクルは何に相当するか。
魔人
『洗濯物のサイクル』、『食器のサイクル』は、人体でいうと血流のようなものだ。
血液は常に体をグルグルと巡っているだろ?
それと同じで、部屋の中で、洗濯物、または食器がグルグルと巡っているサイクルだ。
魔人
そして3つ目のサイクル『物の流入、流出のサイクル』は、人体で例えると、食物を食べて排泄されるまでの流れだ。
体に新しい物が入ってくる、そして老廃物を排泄する。これと全く同じことだ。
カイワレ
ああ、なるほど。そういうことですか。
3つ目のサイクルがいまいちよくわかっていなかったんですけど、単純に新しい物を取り込んで古い物を捨てるという流れのことなんですね。
カイワレ
そうすると、歯磨き粉みたいな消耗品だけじゃなくて、例えば、家具とか、めったに買い換えないような物もこのサイクルに含まれるんじゃないですか?
古くなったり壊れたりして捨てることもあるから。
魔人
その通りだ。
家具どころか、部屋の中にある物全てがこのサイクルに含まれる。
どんな物でも、過去のどこかのタイミングで部屋の中に入って来た物であり、長い目で見ればほとんどの物はいつかは部屋から出ていく運命にある。
魔人
さて、ここで、もしもサイクルが止まってしまうとどうなるかを考えてみる。
これについても、人体を例にとって考えてみることとしよう。
もし、人体のサイクルが止まったらどうなる?
カイワレ
・・それって血流が止まるってことですよね?
・・・死にますよね?
魔人
そうだな・・。
魔人
食べてから排泄されるまでの流れが止まったとしても、生きていけないだろう。
人体にとって、サイクルが止まるということは生命にかかわるほどの大きな影響を及ぼす。

 

サイクルを回せ

魔人
サイクルというのは、スムーズに回すことがなにより大事だ。
カイワレ
あの・・、部屋の中のサイクルが止まったとしたら、部屋が死ぬってことなんですか?
魔人
いや、生命の危機とまではいかないが。
しかし、部屋の3つのサイクルについても、流れが止まったとすれば、生活に大きな支障が出てくる。
魔人
部屋のサイクルが止まると何が起こるか。
 
まあ考えてみれば当然だが、例えば洗濯のサイクルが止まったとしたら、着るものがなくなってしまうよな?
カイワレ
あ・・。
魔人
ん?なんだ?
カイワレ
いえ・・。
洗濯するのをサボっていたら着るものが無くなって、服を買いに行ったことが以前にあって・・・。
それを思い出しただけです・・。
魔人
ククク・・・。
 
服は部屋の中にあふれているというのに、着れる服が無いとは実に皮肉なことだな。
そして本来買う予定のなかった新しい服を買ってきてさらに服を増やす。
それってどうしようもなく無駄なことだよな?
魔人
・・サイクルの停止はそういう困ることを引き起こす。
 
食器にしても同じことで、サイクルが止まれば、いずれ食事に使える食器がなくなる。
こんなふうに、サイクルが機能不全を起こしてしまう

 

魔人
だが、悪いことはそればかりではない。
カイワレ
・・まだあるんですか?
魔人
そもそも、今こうして考えているサイクルは、『物の流れ』だろ?
サイクルが止まるということは、サイクルのどこかで『物の流れがせき止められた状態』と考えていい。
魔人
流れがせき止められるとどうなるか。
これは、川をせき止めるのと同じだ。
 
川をせき止めればそこから水があふれだす。
同様に、物の流れをせき止めれば、その場所から物があふれ出す
魔人
洗濯するのを怠っていると、洗濯すべき服がどんどんたまってあふれ出す。
乾いた洗濯物を畳むのを怠っていると、畳んでいない服があふれ出す。
洗い物を怠っていると、シンクに食器があふれ出す。
 
サイクルというのは常に回さないと、せき止められたところで物があふれてしまうんだ。
魔人
もちろんこれは、3つ目のサイクル、物の流入、流出のサイクルでも同じだ。
不要になった物を捨てるのを怠っていると、部屋がゴミであふれる。
部屋の中で物の洪水が起こってしまう。

 

魔人
結局、サイクルが止まると部屋はどうなるか。
部屋が物であふれ、部屋のどこかに服の山ができ、シンクは食器で埋まる。
魔人
こういう部屋のことを・・、
繰り返すと、『部屋が物であふれ、部屋のどこかに服の山ができていて、シンクは食器で埋まっている』、こういう部屋のことを、一般的に何と呼ぶか?
 
・・・『汚部屋』だろ?

 

カイワレ
要するに、サイクルが止まると、物があふれて汚部屋になるってことなんですね・・。
魔人
そういうことだ。
魔人
しかし、逆に考えてみると、サイクルをどんどん回していくことが、汚部屋から抜け出す道だということでもある。
サイクルを回す、言い換えると、部屋の中の物の循環を活性化するということだ。
魔人
だから、物の流れ、サイクルを意識して、その流れを活性化するように工夫していくんだ。
 
サイクルが止まってしまうのであれば、その理由は何なのか、そこを見つめて改善していくことが汚部屋を抜け出すキーになる。

 


 

魔人の教え まとめ

  • 部屋には、代表的な3つのサイクル『洗濯物のサイクル』、『食器のサイクル』、『物の流入、流出のサイクル』がある。
  • 部屋の中の物の流れは、人体の仕組みによく似ており、人体に例えて考えるとわかりやすい。
  • 部屋の3つのサイクルが止まってしまうと機能不全を起こし、さらに、せき止められた場所から物があふれ出す。
  • サイクルをどんどん回していくことが汚部屋から抜け出す道である。

 

 


 

『ブログランキングバナーをクリック』、『SNSでシェア』して魔人の教えを広めよう。

-片付け

Copyright© シンプルライフの魔人 , 2023 AllRights Reserved.